読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

ひでぇ

雑録

私は結構本を読むのが好きで、今日も本屋でプラプラしていたのです。
そしたら、比較的日本の戦争を反省しないといけないという感じの前書きが書かれた本を見かけたわけです。
個人的には、やはり意見が偏るのは良くないなんて建前を持っているので、反対側の意見も聞かにゃいけんと思っとるわけです。
それで内容を読むとなんてこったい。未だにこんなこと書いている人いるんだなというか、いったいどうしたものやらという内容でした。長年予備校かどこかで先生をされていたようですが、あえてきつい言い方をすると出直してくださいと言いたい。好意的に見ても、”語弊を恐れず分かりやすい表現をした”のであれば、”いらぬ誤解を抱かぬ”最低限の配慮は必要でしょうねなんて思ったりしました。

知識ゼロからの日本・中国・朝鮮近現代史 幻冬舎芽がでるシリーズ

という本です。私はわざわざお金を出してまで買おうとは思えませんでした。

具体的には、”従軍慰安婦”という言葉を出して、朝鮮では”おいしい仕事がある”とだまされて連れて行かれて、多くの軍人さんの相手をするはめになったんだなんて書いてますが、従軍慰安婦といっている人たちが中国人や朝鮮人であることには触れているのに、日本人もたくさんいた事なんてほったらかしですし、そもそも”ウソ”をついたり拉致ったりしたのは同じ朝鮮人なんじゃないですかと思うわけですが、そのことにも巧妙に触れてません。憶測と情報の偏りからうまく反日を描いています。

個人的に一番気に入らない点はといいますと、これは”知識ゼロからの”と謳っている点でしょう。”中上級者向けの”だったら、あぁこれは添削用なんだと素直に受け入れつつネタで買ってみようかとも思うのですが、予備知識ゼロのうぶな学生を洗脳しようというところが気に入らないのですよね。

ということで、お暇な方は図書館ででも探してその場でざっと読んでみてください。