読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

宝くじあたったよ

二人の子どもとお風呂に入ってワイワイ遊んでいた時のことです。

我が家では、これまで聞いたことのなかったフレーズが聞こえてきました。

ちょうど湯船から出て、子供の体を洗っていたのですが、振り向くとそこには風呂のドアの隙間から顔をだすうちの奥さん。


マジであったったの?

「あたったよ」



人がお風呂に入っていて、それも子供を洗っている最中に、ドアを開けると極寒のような隙間風が風呂場に充満する。そんな苦境を押し付けてまで伝えたかった、当せんの事実。


これは期待するしかありません。


私は、自分の期待と裏腹に、冷静を装って奥さんに聞いてみました。


いくら当たったの?

「いくらだと思う?」



まさかの質問返し。


こいつどこまで期待を持ち上げるんだ。そんなことを心に思いながらも、しかしこの手の質問返しに答えるのは、これまでの経験上危険なことが多かったので、もう一度聞いてみることにしました。



わからん。いくら当たったの?

「えーーーっとねぇ」



まだ引き伸ばすのか。こっちは寒いんだよ。もう、金額より、子供も私もお風呂場で凍えだしていることの方が気になりだし、ついつい語気を強めてしまいます。



だからいくらなの?

「二千円」


えっ?


「二千円あたったよ!」

。。。。

。。。。

いくら掛けたの?


「聞く?」


聞く


「二千円」


早く扉閉めて



持ち上げられた期待の行く場が突然消えてしまい、風呂場には寒さだけが残りました。