読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

異文化コミュニケーション

これまでサイトで何度かふるさと納税を取り上げてきましたが、私の狙いは基本肉です。
ふるさと納税で頂戴した豚を美味しく頂きました - かってにインパクトファクター

というか、飯山市のディスプレイという例外はあるものの、ふるさと納税で肉以外を選択するという考えが私にはありません。
そして、おそらく世の99%の男性にはご理解いただけるものだろうと確信しています。

参考までに、ふるさと納税で出品されているものとしては、

  • 米、パン、麺
  • 野菜、果物
  • 海産物
  • 飲料、酒
  • お菓子
  • 加工品
  • 調味料
  • イベント
  • 日用品
  • その他(パソコンとか)

など、いろいろ有るにはあります。

そんな中、昨年申し込んでいたふるさと納税の返礼品?が最近届いたのです。私は当然肉狙いで申し込んだわけですが、そこはカタログを送付するからそれから選んでねというスタイル。

どうせ肉しか選ばないんだし、直接肉送ってくればいいじゃん程度にしか思っていないんですが、とりあえずそのカタログをうちの奥さんにそのまま渡して、”好きに選べばいいよ”と甲斐性を示してみることにしました。

そしたらですよ。なんかカタログを見て、

「あっ、干物おいしそー」

とかね、言い出すわけです。

もうね、お前そこは肉だろうと。示した甲斐性も忘れて思わず突っ込んでしまいました。

「でもおいしそうだよ」

全く意味がわかりません。


そんなわけで、モヤモヤした状態で会社に行って、仲良しのSEさんに聞いてみたわけです。



うちの奥さんがふるさと納税で干物選ぶんですよ

「はかせさんも40超えたらわかりますよ。干物の美味しさが。あと、美味しい干物は高いんですよ。」



そうですか。40超えればわかりますか。


うちの嫁まだ30代前半ですけどね。