読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

安保成立に思うこと

ようやく安保が成立したようですね。

しかし、私が通勤で使用する駅でも、若かりし頃に共産主義に染まってしまったおばあちゃんが未だに一生懸命戦争法案反対を訴えているわけです。

私は実はこの安保の中身がよく分かっていないんですよね。
一体どんな条件で日本が戦争に参加しなければいけなくなるのか。想定される場合が多すぎてというか全部拾いきれていないために、なんだかちょっぴりあやふや。まあ時代が変われば戦争のやり方も変わるんでしょうから、そこは柔軟に考える必要があるとは思うですが、大事なタイミングで民主党みたいなおとぼけ集団が政権を握ってしまうとそれはそれで後々禍根を残すことになります。

逆に専守防衛であれば、日本が攻撃を受けた時にやり返すわけですから、言葉でいう分にはわかりやすい。
ただ、わかりやすいのがいいのかと言えばそうでは無いと思うんですよね。


私はこういう答えにこまるときには、常に逆の立場を考えるようにしています。

今回はその逆の立場を中国においてみます。

例の過去に自国民を大虐殺したのに、その数を第二次世界大戦で日本人がやったことにカウントしている(と私が勝手に思っている)国です。


私が中国の立場なら、日本は9条があるので、攻撃されないかぎりは攻撃してくることはありません。なにかあっても、その徴候が感じられたタイミングで、日本にいる共産主義の知り合いを少し使って戦争反対を訴えれば、大規模なデモになって世論は簡単に流れます。過去に共産主義に流れた若者が今はいい年したおじさんで、マスコミの中枢にもたくさんいる(はずな)ので、マスメディアを通じた世論の扇動はお手のものです。

つまり、日本を攻撃したとはっきりいえる事実さえ作らなければ、日本は強硬な手段を取れないわけです。


となれば簡単ですよね。日本の資源が欲しい場合には、自国民を使って(装って)少しずつ日本の権利を侵食すればいいんです。戦争で言えば便衣兵と呼ばれる人たちで中国の得意技ですよね。便衣兵を攻撃すれば、一般人を攻撃したっていう良い口実が出来ますし。


でもなんでそんな嫌われそうなことして日本の資源を狙うんでしょうか?

私が中国の幹部なら、それでも結局同じようなことをするかもしれません。それは中国の経済で失敗すると国家が転覆する可能があるから。そして国家が転覆すれば、自分や親族、血族、子孫が虐殺される可能性がありますから。特に中華思想が影響しているのか知りませんが、中国人による虐殺には残酷なものが多いのです。国家が転覆する可能性が有ることは全力で排除する必要が有ります。

最近はインターネットの発達によって国が転覆するケースが相次いでいますが、中国はその辺賢くて、ツイッターも自国で開発したツイッターもどきがあるし、グーグルもどきもあるし、なんでもそっくりなツールがあって、中国の外とはつながっていません。更に、海外とはグレートファイアーウォールと呼ばれる高度な防波壁で分離しているので、都合の悪い情報はほぼすべて遮断できます(このおかげで、中国に有る日本支社と日本国内にある会社での情報のやり取りもいろいろ面倒があったりします)。
金盾 - Wikipedia

現在のところ、Webサーバへの接続の規制において、検閲対象用語を基に遮断を行なうのが特徴である。今後はデータベースのバージョンアップのみならず、パソコンのIPアドレスごとに履歴を解析し、ユーザー各人の政治的傾向を分析した上で接続の可否を判断する推論機能を持たせる予定であり、システム自体が人工知能に近付いてきている。
これは例えばサーチエンジンで「チベット」という単語を単体で調べても問題が無かったとしても、「チベット」を調べた後に「人権」を調べようとすると遮断されるといった事例がありうる、と『産経新聞』では報道された。検索の初期には表示されていても、問題ある語彙での検索を繰り返していると表示されなくなる場合もある。

なので、インターネットのつぶやきが大いなる同意を集めて群衆を呼び国家転覆というシナリオは中国では起こりにくい状況では有ります。

じゃあなにが中国を危機に晒すのかというとやっぱり経済なのでは無いかと思います。巨大な人口を抱える中国では、国民を食べさせるだけでも大量の資源が必要になります。大量の資源を集めるためには強い国になる必要があり、強い国になると大量の資源が必要になる。
そんなわけで、水も石油も原子力もお金もいろんなものが必要になるんです。

「正義の反対はまた別の正義」という有名な言葉がありますが、中国にも周りに嫌われても資源を強奪したい理由があるんですよね。


そんなわけで、資源を周りから強奪したい中国は、別に日本だけに嫌がらせをしているわけではありません。
南シナ海 - Wikipedia
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4a/South_China_Sea_vector.svg
中国の南に南シナ海と呼ばれる海域が有るわけですが、この海域で中国が主張する自国領土がまたとんでもなく強欲です。
これだけ領域を主張しないと将来自国民を食べさせていけないと考えているからなんだと思うんですが、それにしたっていくらなんでもひどい。


そして、この領域を完全に自国のものだと既成事実を作りたい中国としては、集団的自衛権というのは都合が悪いんです。なぜなら一つの国とドンパチが始まると、他の国も参加してくるから。
特に日本の様な草食系マッチョまでやってくると面倒。
日本が9条を盾に戦争に参加出来ないよーって言っている間に、南シナ海に隣接している国を個別に潰していって、そして戦争ナレしてきた頃に日本をぐりぐりするのが一番いいわけですよ。それまでは民間ジャブで済ませるんです。
同時に沖縄独立運動をもりてて、中国の庇護下にするという作戦ももちろん進めますよ。



ということで、私は何が言いたいのかって言うと、今安保が戦争法案だとか、アメリカの戦争に巻き込まれるとかいろいろ言ってますが、それ以前に、南シナ海にある中国以外の国と共闘して、中国に対抗するべきなんじゃないかってことです。
アメリカに守られることばかりが議論の焦点になっていますが、それにくわえて、東南アジア諸国を強欲な国から守っていくってことも視野に入れて集団的自衛権を考えたほうが良いんじゃないかなって思うんですけどどこか間違ってますかね?
後は、民主党の様なアホな集団が政権を握ってもむちゃくちゃされることがないように、これからいろいろ詰めていけば良いんじゃないかなと思うんですが。



とりあえずいろいろ最近思うことをつらつら書いてみましたが、なんか憲法9条は日本と言うより中国を守る条文な気がしてきました。