かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

アラフォーのおっさんがひげ脱毛で心折れた話

こんにちは。はかせです。

ここ最近激しい雨が降ったりやんだししてましたけど、おかげで関東圏の水不足が少しは緩和されてるみたいですね。



まあ気温とか雨とか全然関係ないんですけど、実は今日、脱毛行ってきました。
初脱毛。

なんで行ったかというと、ひげが邪魔だったって言う身も蓋もない理由なんですが、私はひげが濃いけど伸ばすのは好きではないので、なくなっても困らないひげを毎日5分くらいかけてシェーバーでとって、時々会社についてから剃り残しとか見つけてブルーになったりとか、そういう面倒を減らせる可能性があるんだったら試してみてもいいかなって前から思ってたんです。

初めての脱毛予約

今回は、あんまり口コミとか見ないで、男性のひげ脱毛している、家から近いところを探したんです。

そこは、ホームページには詳細な料金やレーザーの種類とかは掲載されてなかったんですが、鼻下ヒゲが3000円って書いてたので、まあそんなもんかなって感じで予約したんです。
先生が男の人だったってのも、選んだ理由ですね。

当日は、しっかりひげを剃ってきてくださいと言われていたので、シェーバーでひげを剃った後に、カミソリで更に剃っておきました。

いざ出陣

最初予約15分位前に行ったら病院がしまってたんで、つい予約した日時を確認してしまいましたが、やっぱりあってます。とりあえず車の中で待機していると、5分後くらいに看護婦さんらしき人やお医者さんらしき人がそそくさと建物に。
なので、それから5分位後に私も建物に入って行ったら、何食わぬ顔で受付に看護婦さんがいました。
受付してすぐ呼ばれて、先生が脱毛の種類とかをざっくり説明してくれました。
まあ、あまりにざっくりなのでなんの参考にもならなかったんですが、とりあえずレーザーはアレキサンドライトとヤグだけど男の人はヤグだねって感じでした。以前いろいろ調べた時に、肌が比較的黒い人はYAGレーザーってことを覚えていたのでそれほど違和感はなかったです。
最後に質問ありますかと聞かれたので、どれくらい痛いですか?ッて聞いたんですが、


”ちょっと痛いよ”


でました。お医者さんの最も信用してはいけないワード第一位です。

それでも、そんなに痛そうな言い方ではなかったので、痛みには強い方の私は大丈夫だと思ってたんですよ。

驚きの料金

そして、ここで初めて料金料を見ました。

鼻下3000円、口下3000円、頬8000円、首8000円、おでこ5000円(だったかな?)


えっ?積算?どこまでやったらいくらって感じではなく部分部分でいくらって感じなんだけど、それにしても頬と首高くない?


と心のなかで思ったんですけど、予約して病院に来るまで1周間もかかってるし、とりあえず最初はまあいいかって感じで、おでこ以外を全部してもらうことにしました。
しめて2万4千円。高っか。事前に他の病院を調べた時には、1回1万円くらいが相場という感じだったんですが。。。

そして診療台へ

やむなく2万4千円でいいですよって言うと、では奥へと促されました。
お医者さんが対応してくれたのはここまでで、あとは全部看護婦さんだけの対応でした。

奥の診療台に横になって、顔に麻酔クリーム塗って、パックして15分ほど放置。
何もすることがないため、ほとんど寝かけていたところで急にパックが取られて、レーザーから目を保護するメガネ?をかけさせられ、行きますよーという感じでスタート。

そして脱毛へ

私の中では、お医者さんが”ちょっと痛いよ。特に鼻の下”といっていたんで、本当に痛いのはそこだけだと思ってたんですよ。確かに鼻の下の毛は引っこ抜くと結構痛い事がありますが、頬の毛は抜いてもそんなに痛くありません。だったら、そこだけ我慢すればいいんだからなんとかなるかなって思ってたんです。


看護婦さんはまず鼻下からやりますと言って、何か冷たいものを鼻下の端の方にちょっとあてて、次の瞬間

パチッ


痛ってー。

でもまあ鼻の下の痛みとしては想像していたレベルです。


鼻下の毛を3本位一気に抜いた痛みって位でしょうか。

あと、毛の焦げた匂いがその後やってきます。

でも、一回ぱちっとやったら、次の箇所を冷やしてもう一回ぱちっとするという手順だったんで、痛いんですけど、まだ我慢できたんです。ギリギリですけど。

ところがですよ。鼻下が終わると次から容赦ありません。


パジジジ、パジジジ、パジジジ、パジジジ、パジジジ


五回?五回連続っすか?
そして痛いよっ!
鼻の下の時と痛み変わんねーじゃねーか。

もうね。こうなったら頭のなかで緊急会議です。
今どこまで進んでどれくらいで終わるんだろう?鼻下が痛いって聞いてたけど、痛み自体は特にほかでもかわりなし。
しかも連続4~5回照射されます。


もうね。若干尿意を催していたことも、お腹が空いていたこともすべて感じなくあり、もうレーザーのパチって痛みしか頭にはありません。


気をそらせるために、子供の顔を思い出そうとしたり、エッチなことを考えたりいろいろしたんですが、もう痛すぎてことごとく失敗。


頭のなかが痛みしかないの。


しかも、レーザーの幅が狭いのか、結構な回数やります。


鼻の下の毛を3本ずつ3秒で5回位抜かれている感じ。

そして、それがなかなか終わらない。


もうね。辛い。
ホント辛い。
出産とどっちが痛いんだろうとふと考えたんですが、きっと出産のほうが痛いんだろーなー、嫁さんすごいなーなんて考えてました。
この時痛くない治療に変えてくれるなら、きっと神様だって信じたと思います。

もう手は汗だらけ、歯は食いしばり、全身がプルプル震える。

さっき先生が、3回位脱毛すれば毛が薄くなってくるけど、1~2回だとそのうち元に戻るよって言ってましたが、あと2回これを経験するくらいなら戻ってもいいかなって考えてました。

2ヶ月後にまた来てこの痛みを味わうくらいなら、もうこのまま一生シェーバーでいいんじゃないかなって。


口の下が終わると、右頬やって、右首やって、左頬やって左首やって。

終わりが近づくに連れて、累積された痛みがどんどん体にあらわれ、最後の方はずっと震えてました。

最後の最後終わった時には、頭のなかには”やっと終わったー”ってことしか頭になかったです。

無事終了

そして、脱毛が終わったあと看護婦さんが鏡見せてくれたんですけど、それがまたびっくり。

もうそこは、おひげたちの戦場の後。
多くの地下に埋もれていたひげたちがのたうち回って肌の上で焦げてお亡くなりになっていました。
ただ、病院で鏡を見た時には、肌自体はノーダメージに見えました。

脱毛が終わった後は、肌はひげたちが戦場で負けた後がゴロゴロある状態なので、マスクをいただき、会計をして、そのまま帰ってきた次第です。

そして生還

家についてからは、まず焦げた脱毛跡の肌をウェットティッシュでふきふき。ひげは黒色ですが、燃えて灰になってるものもあるんで、ウエットティッシュこげ茶色になりました。
特に拭くことによる痛みはなかったです。
ただ、肌自体は何もしなくても痛くて、だいたい半日、海で日光浴したくらいの痛さはありました。
試しにひげをピンセットで引っこ抜いてみたんですが、もう当初の抵抗はなく、毛根の焦げたものしか取れません。レーザー恐るべし。

脱毛を予約するとき、本当は、この後すぐ美容室に行こうと美容室の予約も入れようとしていたんですが、担当の人と予定が合わなかったんですよね。でも今思うと、予約入れられなくて正解でした。
脱毛が終わった後の私はあまりの痛みでココロがすっかり折られてしまい、とりあえずパンだけ買ってお昼ごはんを家で食べて、すぐ横になって寝ちゃいました。
心がぽっかり折れちゃって、とりあえず今すぐは再起不能。もうね。何もする気力が起きない。痛すぎて。

初脱毛の感想

今回初めての脱毛でしたが、予想したより料金も高く、脱毛自体がもうとっても痛くて、次回2ヶ月後に行こうかどうか本気で悩んでいます。
調べてみると、もうちょっと痛みが少ないものもあるようで、回数が増えてもソッチのほうがいいのかなと。どうせ続けるならね。


そんなわけで、初めての脱毛は非常に痛い経験になりました。