読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

オヤジのパソコンを守れない

あけましておめでとうございます。

さてさて早速ですが、この正月は正月前後の休日の関係から移動日を入れて3日程度しか実家に帰省できませんでした。
夕方に到着して、翌々日の午前中に出発という日程の中、両祖父母の挨拶なども有りあんまりのんびり出来ないな、なんて考えていたんですが、帰省初日にオヤジが変なことを言い出したんです。


「やっぱりパソコン買うて3年なるから、だいぶ遅うなったんで、ソフト買うたんや」


うん。ごめん。意味がよくわかんない。


「せやから、パソコン遅いって表示が出るから、ソフト買うたんや」


まあええわ。好きにしたらええやん。


「ちょっと見てくれんか?」



そんなわけで、やむなくおやじのパソコンを見てみたんです。

なんだか、インジケーターっていうんですか?タスクバーの右側の時間とか表示しているあのへん。なんかすごいことになってました。

やむなく詳細調査してみると、出るわ出るわ。

  • 24*7 Help
  • Rebate Informer
  • App Graffiti
  • Online Vault
  • Site Ranker
  • PC Power Speed
  • Inbox toolbar
  • Drive Reviver
  • Hao123

などなど、怪しいソフトがてんこ盛り。本人に聞いても、特に身に覚えがないとか。

私の兄もPCに結構強く(職業プログラマーです)、その兄が3ヶ月ほど前に実家に帰っていて、オヤジPCを触っているはずなので、その時点で変なソフトは削除していると思うんですけどね。
この3ヶ月で上記全てに感染?していたとするとかなりのハイペースです。

原因は、おそらくウェブ上の広告なのだと思います。ウェブ上の広告では、中にパソコンの処理能力が下がってますよと非常に紛らわし警告を表示するものがあります。その広告をうっかりクリックすると、悪質なソフトをインストールさせようという手法のようです。ちなみに、私が使用しているパソコンは、Corei5の3GHz、メモリは8GB積んでおり、ビデオカードだけは別途積んでいないので一部ゲームはしんどい(はず)ですが、ほとんどのソフトが問題なく快適に動作する中級上位のパソコンだと思っています。それでも警告されてしまい、そのたびに、じゃあどのスペックならいいんだって言いたくなるんですが、そこは冷静に不適切な広告ですよと報告するようにしています(効果はないかもしれませんが、その広告は出にくくなる気がします)。
もうちょっと抜本的な方法もあるようですが、広告が出るたびに調べるのも面倒なんですよね。。。
Google AdSenseで「PC のパフォーマンスが低下しています」を表示しないようにする。 | 初心者備忘録


今回は時間が短い割に、怪しいソフトの調査とウイルス等のスキャンに時間を取られてしまい、ほとんど対策を取れませんでしたが、次回帰省する機会には、ちょっとオヤジには不便でも広告を完全にブロックする方法などの対策をとった方がいいかもしれません。

ただ、最近はフリーソフトをインストールしたり、すでにインストールしたソフトを更新する際に、不要なソフトのインストールを進める代物もあり、その辺りも含めて禁止しなければいつまでたってもイタチごっこになりそうな予感。

年賀状印刷さえなければ、LINUXでもインストールしてやるんですが、それが出来ないのが歯がゆいところ。
らくらくフォンじゃないですが、老人向けにらくらくOSだれか作ってくれませんかねぇ?