読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かってにインパクトファクター

子育てサラリーマンが日々の雑多なことをつらつらと綴ってます。時々政治ネタ経済ネタコンピュータネタなどをはさみます。

自民党が今回の選挙の争点として、面白いものを持ちだしたようです

以前、今回の選挙は争うところが無いなと書きました。
今回ほど争点の無い選挙も珍しいのでは? - かってにインパクトファクター

そのまま突入かと思いきや、メインではないにしろ、歴史認識という部分を争点の一つにしようと自民党が画策しているようです。

歴史偽造 自民が公約/「慰安婦」問題 “性奴隷”批判に「断固反論」

歴史偽造 自民が公約

慰安婦」問題 “性奴隷”批判に「断固反論」

 自民党の総選挙公約に日本軍「慰安婦」の「慰」の字もありません。外交の中で、「虚偽に基づくいわれなき非難に対しては断固として反論し、国際社会への対外発信等を通じて、日本の名誉・国益を回復するために行動します」とかかげ、日本政府への国際的批判に挑戦する公約となっています。

 安倍晋三首相は10月3日の衆院予算委員会で、「日本が国ぐるみで性奴隷にしたと、いわれなき中傷が世界で行われている」と述べ、「河野談話」否定の発言を行いました。これに先立ち自民党の国際情報検討委員会は「慰安婦」問題について、朝日新聞の“吉田証言”記事取り消しで「『強制連行』の事実は否定され、性的虐待も否定されたので、世界各地で建設の続く慰安婦像の根拠も全く失われた」として、「河野談話」を否定する決議を採択(9月19日)しました。

 10月には同党政務調査会のもとに、新たに「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文参院議員)を設置し、「いわれなき非難に対し断固として反論していく」(稲田朋美政調会長)としています。

 こうした経過と合わせ、総選挙公約が、日本軍「慰安婦」問題をめぐり歴史偽造を宣言するものであることは明らかです。

 こうした安倍自民党の動きこそが、日本の“名誉と国益”を害するものとなっています。アジアと世界からの孤立の道に、明確なノーの審判を下す選挙にする必要があります。

しんぶん赤旗の記事なんで、とりあえず日本共産党には、従軍慰安婦問題について語って欲しいところでは有りますが。

慰安婦問題については、最近奴隷化されていた証拠がなかったよというニュースが報じられていました。
米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに(1/2ページ) - 産経ニュース

米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

 米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。

 調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

 日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

 報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。

このニュースのいいところは、この調査の実施を促した団体が、奴隷化された”従軍慰安婦”がいたほうが利益になったというところ。いたほうが利益になるんだから、調査も”いる前提”で行われます。そうなると、かなりの先入観を元に資料を見ることになると思うんですが、それでもなかった。

まあこの問題については、凄惨な歴史を持つ欧米の奴隷という用語に乗っかって、特定アジアが吹聴してまわったことが原因で、まずは用語のイメージの整理からしたほうが良かったんでしょうけどね。それに未だに乗っかってアホなこと言っている共産党は論外ですが。


とそんなことはおいておいて、安倍政権では、今回、日本の名誉と国益を回復するという、政治家であれば誰でもそれに沿わない行動はできない(はずの)部分を争点の一つに上げているようなのです。争点になるってことは、これに意を唱える政治団体もいるということですよね。福島みずほ先生当たりにこの辺熱い講演をしていただきたいところです。

日本も言いたいことが言える、いい国になったんだと喜ぶべきなのか、こんな当たり前の事が争点になるほど毒されている方々がことを嘆くべきなのか。

とりあえず、当時の慰安婦は、拒否したら殺されても文句が言えないくらい人権の無い立場だったのか、奴隷という用語が世界的に見て正しく認識されるのかを、選挙に出る人に問うて欲しいところです。